■ Bf109G−5/AS(Hasegawa.1/48) 制作1■

   

● はじめに
数年の熟成期間を経て再開。G−14/ASで開始したものの、途中で気が変わりG−5/ASとなった。
今回は珍しくマーキングが決まっていて、KdrU./JG11、<<+−、W.Nr.110064、Gunther Specht機。
PCの故障で保存していた画像が消失した為、一部工程が前後しているのでご注意。(2017/1/5)

1/5
スピナーはエア、ブレードはフジミを流用。

キットはハセガワG−10を使用。
MG131弾道溝パネルは、ハセ@G−6一体型パネル(実機は独立タイプを使用)を流用。
実機同様に新造パネルはキットのパーツを切り取って使用。

裏側からの補強工作の為、この様に一部くり抜いておく。

パーツの互換性は無いのでプラ板を貼り、削り合わせる。

ゴムシーリング部に0.14mmのプラペーパーを挟み隙間調整。
両側の張り出し分だけカウルが大型化している。

大型化したエンジン支持架(過給器側)及び、MG131薬莢シュートをクリアする為、この部分に新造パネルが追加された。

極初期のカウル(直線タイプ)とは異なる曲線タイプ。
上面は基本、直線タイプと同じレアウトでパネルラインが曲線に変わっている。
ゴムシーリング部のパネルラインは左右非対称。

チンバルジは無いので、瞬間&プラ粉で裏打ちをしてから削る。

機首は気持ち延長してある。
場所はゴムシーリング部で0.75mm。

キャノピーはフジミを流用。

コクピットは最低限の追加工作でおしまい。
FMのシートベルトは効果的。
アンテナマスト基部はキャノピー(閉状態)との合わせの都合上、補強板の形状が実機と違うのでご注意。
アンテナマストと補強板の取り付け位置は、手持ちの資料では若干の前後がある。この様な手作り感満載な小改造は、個体差があって当然。
因みにハセ、1/48、G−6&G−10の胴体は一回り小さい(1/49?)ので、細部を追い込むと辻褄合わせが面倒。
本作は無難に後ろよりに取り付け、アンテナマストも気持ち細目に真鍮帯金より削り出した。

方向舵は初期の金属製。

Index Page

Next Page