■ Bf109G−10/Erla(Airfix 1/48)制作記1■

● はじめに
G−6/ASのはずが、いつの間にかG−10に進化?しているし。
(2009/4/30)

2006/11/24
コクピットは、めりはりのあるモールド。
埃が入り込まぬようにプラ板で主翼取り付け部分を塞ぐ。
キャノピはレベルを使用するため取り付け部を調整する。
胴体後部下面を削りこむ為、プラ板と瞬間で裏打ち。

2007/1/1
作り初めはコクピットから。
シートはレベル、方向舵ペダルはフジミを流用。

めずらしくコクピット内部を塗る。

シートベルトのバックルはコピー用紙、ベルトはコーヒーフィルターに瞬間を染み込ませたものを使用。
シートは後付けの為、胴体側の金具取り付け方は実機と異なるのでご注意。

9/24
垂直尾翼はレベルを流用。

2009/4/30
阿部孝一郎氏の図面(SA誌’99/11号、Vol.10)をもとにプラ板を型紙代わりとし、エアに馴染ませる。
比較の為、手前左のカウルはF。

各パーツは実機同様のパネル分割にすると、断面の移行が理解しやすい。

カウルは箱にしてから削り込む。
平面形は右側ラインが基軸に対してほぼ平行、左側は二辺の直線(手前から第四排気管あたりで曲がり、それ以降は基軸に対してほぼ平行)。

Index Page

Next Page