■ Fw190D−9(Airfix1/72) 制作1■

 

● はじめに
最終組み立て工場別、4機コンプリート計画の3機目は、ミメタル社製でキットは勿論エアフィックス。
今回は機首の延長、ボリュームアップがメイン。(制作期間2013/8〜)

先ず機首を2mm延長する。防火壁以降はキットのまま。エアのクセ?で胴体後部を長めにとる傾向がある為、寸法は問題ない。偶然だね。(笑)

機首の延長に伴い各所細部の位置関係も修正。
同系色のプラ材で各所にシムを挟み実機写真を参考に削る。
素性が良いキットなので、この手の切った貼ったは面白い。やはりプラモは素材選びが大事。

胴体中央部の断面修正の為、キャノピーフレーム後端から延長プラグまでの間に0.25mmの楔状のシムを挟み削りシロを稼ぐ。 また、コクピット開口部に梁を入れてあるのはキャノピーフレーム平面形の矯正の為(モールドの関係でこの部分のヒケが浅く広範囲にわたっている)。 これで、ゆる〜い達磨さん断面が出来たので側面を直線的に仕上げてバルケンクロイツの縦ライン上部が達磨さんの肩にかかり、そこから下ラインはスパッと直線になるように削る。

キャノピーフレーム後半分が長めに感じたので寸詰め、及びキャノピー下辺のライン修正。ところが、キャノピーフレーム後半分を調子に乗って削りすぎてしまい、若干短め(0.2mm程度)になった。クリアパーツとの比率が微妙だが、フレームを塗り込めばカタチが締まるのでなんとかなるかな?また、胴体幅もいじっているので、妥協してモールドを生かして使用する予定。

今まで短鼻ばかり見てきたので違和感はあるが、これがホントの長鼻。

Index Page