■プロフィールと工房紹介
My profile and work place

● プロフィール
profile

1967年5月 埼玉県蕨市生まれ
洋画家 森徹氏(二科展)にデッサンを師事
染色作家 兵藤修氏(伝統工芸士)に友禅染を師事
東京染色美術専門学校卒業
東京都認定 染色美術課程専門士 取得
東京都工芸染色協同組合 会員 同組合 落款登録済 /2005年 同組合退会


1994年
第26回 DAS毎日学生デザインコンペ テキスタイル部門 入選

1996年
第14回 シルク博物館 染織作品展 入選

1999年
第37回 染芸展 出品
第14回 東京都伝統工芸品 後継者展 出品(日本橋 三越本店)

2000年
第38回 染芸展 出品
第15回 東京都伝統工芸品 後継者展 出品(日本橋 三越本店)

2001年
第39回 染芸展 出品
銀座松屋 松美会 出品 (ホテルオークラ)
第16回 東京都伝統工芸品 後継者展 出品(日本橋 三越本店)

2002年
3月 磯見清一展 開催 銀座  ロイヤルサロンギンザ

2003年
3月 取材 トヨタ TS3カード会員誌 Harmony 5/6月号に「Tomorrow Makers No 12」として掲載。
10月 銀座松屋本店にて個展

2004年
3月 取材 リクルート 仕事の教室ビーカム 5月号 紹介記事掲載
5月 染色名作逸品展出品(松屋・赤坂プリンスホテル)
10月 銀座松屋本店にて個展

2005年
10月 友 禅 二 人 展 /荒井莞爾 ・ 磯見清一 (六本木 ギャラリーMEME)

2006年
5月 株式会社 あかね書房刊 「なりたい自分をみつける!仕事の図鑑 5 日本の伝統文化をつなげる仕事」に掲載

2009年
1月 財団法人『民族衣裳文化普及協会』より『きもの文化賞』を受賞
2月 美しいキモノ 春号(アシェット婦人画報社刊)/財団法人『民族衣裳文化普及協会』、受賞式紹介記事に掲載


● 工房紹介
Introduction of work place

私は古典技法にこだわって友禅染をしています。体内に取り入れても大丈夫なもち糊、小麦粉、ぬかなどを主成分とした糊を自作しています。もち糊友禅のきものはとても暖かみがあり、味わいのある仕上がりになります。そんな優しさに見せられて私は古典技法を用いて染めています。 しかし、もち糊友禅をやる方は今では全国的に見てもごくごく少数派で、市場でもほとんど見かけることが出来ないのは残念なことです。私はデザインと染めの行程を一貫して行って制作しています。この方法は、東京手描友禅独特のもので、京友禅、加賀友禅などは完全な分業体制になっています。お客様のニーズに合った着物を提供するには、一貫して行った方が、作り手のイメージが明確になって良いものが出来ますし、そこに作り手の個性、お客様の個性がより強くできると思います。
I have been doing Yuzen dyeing by classical techniques spicially. And then, I have made harmless glutinous rice glue,flour glue and glue which is almost made of rice bran.   Yuzen Kimono dress used by glue has much warmth and is finished very well. I have been doing Yuzen dyeing by classical techniques because of being such mildness and tenderness. But there are little person who has been doing Mochinori Yuzen in all of Japan, anybody can scarcely find it in the Japanese market. I have designed and dyed by myself to make Yuzen Kimono dress.   This is only methord for Tokyo hand draw Yuzen, Kyo Yuzen and Kaga Yuzen has two step process (design and dyeing) as making Yuzen Kimono dress. Two step process on design and dyeing has been divided by each party regards of Kyo Yuzen and Kaga Yuzen. As making Yuzen kimono following customer's needs and request,it is better to make up through all of work step by oneself. Therefore it is customer's personality and maker's personality .


○工房住所
Work Place

お誂えの着物に興味のある方は下記の住所まで、ご連絡下さい。ご案内状をお送りいたします。TEL 又はE−Mailにてご連絡下さい。
Please could you inform the undermentioned adress as you are interested in custom Kimono dress !! I will send you my information letter.Please could you call or send e-mail to me.

〒 277−0843
千葉県柏市明原4−4−19明原ホーム105号室
いそみ工房  磯見 清一(いそみ きよかず) 
TEL/FAX 0471−43−6195 
( AM 10:00〜 PM 6:00)

○Address

105,AKEHARA-HOME, 4-19,4-CHOME,AKEHARA, KASHIWA-CITY ,CHIBA PRE,JAPAN
(POST CODE 277-0843)
ISOMI Studio   Mr. Kiyokazu Isomi  
PHONE ; 0471-43-6195(TIME 10:00 ~ 18:00)

■Index Page■